『みことばを行う信仰』ヤコブの手紙1章19〜27節より

そして、御言を行う人になりなさい。おのれを欺いて、ただ聞くだけの者となってはいけない。』(ヤコブ1:22)

2017年1月15日・郡山キリスト共同教会、新年聖会2・山田和幸牧師(笹谷教会)によるメッセージ


聖会2 2017/1/15 午前10時30分〜

(1月第3主日・年度第3主日・新年聖会2)

みことばを行う信仰

説 教 山田和幸 牧師(笹谷教会牧師)

聖 書 ヤコブ1章19節〜27節より

讃 美 新聖歌18

    新聖歌211

    新聖歌361

交読文 新聖歌37(詩篇第119篇)


説教要旨


ヤコブの手紙の中心聖句であり、私たちの聖書信仰の中心となっている御言が21、22節です。

 「御言を行う人」とはどんな人なのでしょうか。

 

Ⅰ神様の前に生きる信仰(27

清く汚れのない「信心」は、神様の前のものです。ヤコブは外側だけ整えた姿勢を皮肉っています。

礼拝の時だけではなく、普段の生活の時でも臨在信仰に生きてこそ、本当の喜びに至る信仰となるのです。

 

Ⅱ きよい信仰

信仰者にとってきよさは最高の力です。その力の源は神様です。

しかし、怒りを制御し、忍耐強く過ごし、神様の御業を崇めるきよさは、容易には得られません。このきよさは、自動的に与えられるのではなく、みことばを聞くこと、実行することによって与えられるものです。

 

Ⅲ みことばに聴く

1.聴き従うべきなのは、みことばには、私たちのたましいを救う力があるからです(21)。

2.神様のみわざの前進を経験するためには、聞くことが大事だからです。

「語るにおそく」19

「怒るにおそく」19

「聞くに早く」19

④  すなおに受け入れる(21

⑤  聞くだけでなく実行する(22

 

Ⅳ みことばを実行する

①  何故みことばを実行する必要があるかというと、聞くだけで実行しないことは自分を欺くことだからです。(22

②  実行とは外側の行動ではなく、自分自身の内面において実行するべきことです。「怒りを制御する」などは、心の中の行動です。

 

Ⅴ 実際的倫理に生きる信仰(27

みことばを実行していくと、実際的な倫理生活が変わって行くはずです。

①  困っている孤児や、やもめを見舞い:互いに助け合いのできる信仰生活

②  自らは世の汚れに染まずに、身を清く保つ:自分の信仰の喫水線を守る信仰生活

 

みことばには魂を救う力、人をつくりかえる力があります。私たちは徹底的に聴く必要があります。そして、語られたみことばに信穎して応答の祈りを捧げ、実際に従い始めてこそ、神様の祝福に預かっていくことができるのです。