新年聖会1『有るものを見られる』マルコ2章1〜12節より

  1. 幾日かたって、イエスがまたカペナウムにお帰りになったとき、家におられるといううわさが立ったので、
  2. 多くの人々が集まってきて、もはや戸口のあたりまでも、すきまが無いほどになった。そして、イエスは御言を彼らに語っておられた。
  3. すると、人々がひとりの中風の者を四人の人に運ばせて、イエスのところに連れてきた。
  4. ところが、群衆のために近寄ることができないので、イエスのおられるあたりの屋根をはぎ、穴をあけて、中風の者を寝かせたまま、床をつりおろした。
  5. イエスは彼らの信仰を見て、中風の者に、「子よ、あなたの罪はゆるされた」と言われた。
  6. ところが、そこに幾人かの律法学者がすわっていて、心の中で論じた、
  7. 「この人は、なぜあんなことを言うのか。それは神をけがすことだ。神ひとりのほかに、だれが罪をゆるすことができるか」。
  8. イエスは、彼らが内心このように論じているのを、自分の心ですぐ見ぬいて、「なぜ、あなたがたは心の中でそんなことを論じているのか。
  9. 中風の者に、あなたの罪はゆるされた、と言うのと、起きよ、床を取りあげて歩け、と言うのと、どちらがたやすいか。
  10. しかし、人の子は地上で罪をゆるす権威をもっていることが、あなたがたにわかるために」と彼らに言い、中風の者にむかって、
  11. 「あなたに命じる。起きよ、床を取りあげて家に帰れ」と言われた。
  12. すると彼は起きあがり、すぐに床を取りあげて、みんなの前を出て行ったので、一同は大いに驚き、神をあがめて、「こんな事は、まだ一度も見たことがない」と言った。

(マルコによる福音書 2章より)

2016年1月16日・郡山キリスト共同教会・新年聖会1、井上義実牧師(荻窪栄光教会牧師)によるメッセージ


2016/1/16 午後7時30分〜

有るものを見られる

説 教 井上義実 牧師(荻窪栄光教会牧師)

聖 書 マルコ2章1〜12節より

讃 美 新聖歌266

    新聖歌177

    新聖歌394


説教要旨