『神の栄光と恵み』エペソ1章1〜14節より

金井信生牧師による主日礼拝説教動画アーカイブ

聖書箇所 エペソ人への手紙1章1〜14節より

2014/8/3(8月第1主日・年度第31主日)

主日礼拝

神の栄光と恵み 

説 教 金井信生 牧師

聖 書 エペソ1章1〜14節より

交読文 新聖歌34(詩篇第108篇)

賛 美 新聖歌140

    新聖歌220

    新聖歌143


エペソ人への手紙1章1〜14節より

 

1:1

神の御旨によるキリスト・イエスの使徒パウロから、エペソにいる、キリスト・イエスにあって忠実な聖徒たちへ。

1:2

わたしたちの父なる神と主イエス・キリストから、恵みと平安とが、あなたがたにあるように。

1:3

ほむべきかな、わたしたちの主イエス・キリストの父なる神。神はキリストにあって、天上で霊のもろもろの祝福をもって、わたしたちを祝福し、

1:4

みまえにきよく傷のない者となるようにと、天地の造られる前から、キリストにあってわたしたちを選び、

1:5

わたしたちに、イエス・キリストによって神の子たる身分を授けるようにと、御旨のよしとするところに従い、愛のうちにあらかじめ定めて下さったのである。

1:6

これは、その愛する御子によって賜わった栄光ある恵みを、わたしたちがほめたたえるためである。

1:7

わたしたちは、御子にあって、神の豊かな恵みのゆえに、その血によるあがない、すなわち、罪過のゆるしを受けたのである。

1:8

神はその恵みをさらに増し加えて、あらゆる知恵と悟りとをわたしたちに賜わり、

1:9

御旨の奥義を、自らあらかじめ定められた計画に従って、わたしたちに示して下さったのである。

1:10

それは、時の満ちるに及んで実現されるご計画にほかならない。それによって、神は天にあるもの地にあるものを、ことごとく、キリストにあって一つに帰せしめようとされたのである。

1:11

わたしたちは、御旨の欲するままにすべての事をなさるかたの目的の下に、キリストにあってあらかじめ定められ、神の民として選ばれたのである。

1:12

それは、早くからキリストに望みをおいているわたしたちが、神の栄光をほめたたえる者となるためである。

1:13

あなたがたもまた、キリストにあって、真理の言葉、すなわち、あなたがたの救の福音を聞き、また、彼を信じた結果、約束された聖霊の証印をおされたのである。

1:14

この聖霊は、わたしたちが神の国をつぐことの保証であって、やがて神につける者が全くあがなわれ、神の栄光をほめたたえるに至るためである。