『求めるべきもの』マタイ7章1〜12節より

金井信生牧師による主日礼拝説教動画アーカイブ

聖書箇所 マタイによる福音書7章1〜12節より

7:1

人をさばくな。自分がさばかれないためである。

7:2

あなたがたがさばくそのさばきで、自分もさばかれ、あなたがたの量るそのはかりで、自分にも量りが与えられるであろう。

7:3

なぜ、兄弟の目にあるちりを見ながら、自分の目にある梁を認めないのか。

7:4

自分の目には梁があるのに、どうして兄弟にむかって、あなたの目からちりを取らせてください、と言えようか。

7:5

偽善者よ、まず自分の目から梁を取りのけるがよい。そうすれば、はっきり見えるようになって、兄弟の目からちりを取りのけることができるだろう。

7:6

聖なるものを犬にやるな。また真珠を豚に投げてやるな。恐らく彼らはそれらを足で踏みつけ、向きなおってあなたがたにかみついてくるであろう。

7:7

求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。

7:8

すべて求める者は得、捜す者は見いだし、門をたたく者はあけてもらえるからである。

7:9

あなたがたのうちで、自分の子がパンを求めるのに、石を与える者があろうか。

7:10

魚を求めるのに、へびを与える者があろうか。

7:11

このように、あなたがたは悪い者であっても、自分の子供には、良い贈り物をすることを知っているとすれば、天にいますあなたがたの父はなおさら、求めてくる者に良いものを下さらないことがあろうか。

7:12

だから、何事でも人々からしてほしいと望むことは、人々にもそのとおりにせよ。これが律法であり預言者である。