『天の父への祈り』マタイ六章・5~8節より

福井文彦牧師による主日礼拝説教動画アーカイブ

聖書箇所 マタイによる福音書6章・5~8節より

2013/6/16(第三主日「父の日」礼拝)

主日礼拝

 『天の父への祈り

 

説 教 福井文彦 師

聖 書 マタイ658

交読文 新聖歌 12(詩篇第33篇)

賛 美 新聖歌 22

    讃美歌 239

    父の涙


マタイによる福音書 6章

 

6:5

また祈る時には、偽善者たちのようにするな。彼らは人に見せようとして、会堂や大通りのつじに立って祈ることを好む。よく言っておくが、彼らはその報いを受けてしまっている。

6:6

あなたは祈る時、自分のへやにはいり、戸を閉じて、隠れた所においでになるあなたの父に祈りなさい。すると、隠れた事を見ておられるあなたの父は、報いてくださるであろう。

6:7

また、祈る場合、異邦人のように、くどくどと祈るな。彼らは言葉かずが多ければ、聞きいれられるものと思っている。

6:8

だから、彼らのまねをするな。あなたがたの父なる神は、求めない先から、あなたがたに必要なものはご存じなのである。