『小犬も、パンくずをいただきます』マタイ十五章・21~28節

福井時子師による主日礼拝説教動画アーカイブ

聖書箇所 マタイによる福音書15章・21~28節より

2013/4/28(第四主日)

主日礼拝

 『小犬も、パンくずはいただきます

 

説 教 福井文彦 師

聖 書 マタイ 152128

交読文 新聖歌 13(詩篇第34篇)

賛 美 新聖歌 21

    新聖歌 337

    新聖歌 384


マタイによる福音書15章

 

15:21

さて、イエスはそこを出て、ツロとシドンとの地方へ行かれた。

 

15:22

すると、そこへ、その地方出のカナンの女が出てきて、「主よ、ダビデの子よ、わたしをあわれんでください。娘が悪霊にとりつかれて苦しんでいます」と言って叫びつづけた。

 

15:23

しかし、イエスはひと言もお答えにならなかった。そこで弟子たちがみもとにきて願って言った、「この女を追い払ってください。叫びながらついてきていますから」。

 

15:24

するとイエスは答えて言われた、「わたしは、イスラエルの家の失われた羊以外の者には、つかわされていない」。

 

15:25

しかし、女は近寄りイエスを拝して言った、「主よ、わたしをお助けください」。

 

15:26

イエスは答えて言われた、「子供たちのパンを取って小犬に投げてやるのは、よろしくない」。

 

15:27

すると女は言った、「主よ、お言葉どおりです。でも、小犬もその主人の食卓から落ちるパンくずは、いただきます」。

 

15:28

そこでイエスは答えて言われた、「女よ、あなたの信仰は見あげたものである。あなたの願いどおりになるように」。その時に、娘はいやされた。