『信じる者になりなさい』ヨハネ二〇章・24~29節

福井文彦牧師による主日礼拝説教動画アーカイブ

聖書箇所 ヨハネによる福音書20章・24~29節より

2013/4/21(第三主日)

主日礼拝

 『信じる者になりなさい

 

説 教 福井文彦 師

聖 書 ヨハネ202429

交読文 新聖歌 9(詩篇第27篇)

賛 美 新聖歌 17

    新聖歌 227

    新聖歌 221


ヨハネによる福音書 20章

 

20:24

十二弟子のひとりで、デドモと呼ばれているトマスは、イエスがこられたとき、彼らと一緒にいなかった。

20:25

ほかの弟子たちが、彼に「わたしたちは主にお目にかかった」と言うと、トマスは彼らに言った、「わたしは、その手に釘あとを見、わたしの指をその釘あとにさし入れ、また、わたしの手をそのわきにさし入れてみなければ、決して信じない」。

20:26

八日ののち、イエスの弟子たちはまた家の内におり、トマスも一緒にいた。戸はみな閉ざされていたが、イエスがはいってこられ、中に立って「安かれ」と言われた。

20:27

それからトマスに言われた、「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手をのばしてわたしのわきにさし入れてみなさい。信じない者にならないで、信じる者になりなさい」。

20:28

トマスはイエスに答えて言った、「わが主よ、わが神よ」。

20:29

イエスは彼に言われた、「あなたはわたしを見たので信じたのか。見ないで信ずる者は、さいわいである」。