『異邦人の救い―教会の務め―』エペソ三章・1〜13節より

福井文彦牧師による主日礼拝説教動画アーカイブ

聖書箇所 エペソ人への手紙・第三章113節より

2013/2/24(第四主日)

主日礼拝

 『異邦人の救い―教会の務め―

 

説 教 福井文彦 師

聖 書 エペソ三113

交読文 新聖歌 24詩篇第67篇

賛 美 新聖歌 166

    新聖歌 264

    新聖歌 402

上のオレンジの右矢印を押すと、賛美伴奏が流れます。


エペソ人への手紙・第三章

 

3:1

こういうわけで、あなたがた異邦人のためにキリスト・イエスの囚人となっているこのパウロ―

3:2

わたしがあなたがたのために神から賜わった恵みの務について、あなたがたはたしかに聞いたであろう。

3:3

すなわち、すでに簡単に書きおくったように、わたしは啓示によって奥義を知らされたのである。

3:4

あなたがたはそれを読めば、キリストの奥義をわたしがどう理解しているかがわかる。

3:5

この奥義は、いまは、御霊によって彼の聖なる使徒たちと預言者たちとに啓示されているが、前の時代には、人の子らに対して、そのように知らされてはいなかったのである。

3:6

それは、異邦人が、福音によりキリスト・イエスにあって、わたしたちと共に神の国をつぐ者となり、共に一つのからだとなり、共に約束にあずかる者となることである。

3:7

わたしは、神の力がわたしに働いて、自分に与えられた神の恵みの賜物により、福音の僕とされたのである。

3:8

すなわち、聖徒たちのうちで最も小さい者であるわたしにこの恵みが与えられたが、それは、キリストの無尽蔵の富を異邦人に宣べ伝え、

3:9

更にまた、万物の造り主である神の中に世々隠されていた奥義にあずかる務がどんなものであるかを、明らかに示すためである。

3:10

それは今、天上にあるもろもろの支配や権威が、教会をとおして、神の多種多様な知恵を知るに至るためであって、

3:11

わたしたちの主キリスト・イエスにあって実現された神の永遠の目的にそうものである。

3:12

この主キリストにあって、わたしたちは、彼に対する信仰によって、確信をもって大胆に神に近づくことができるのである。

3:13

だから、あなたがたのためにわたしが受けている患難を見て、落胆しないでいてもらいたい。わたしの患難は、あなたがたの光栄なのである。

 

中心聖句は太字で表示