『神のことばを聴きつつ生きる』詩篇一〇三・1〜5、15〜22節

福井文彦牧師による主日礼拝説教動画アーカイブ

聖書箇所 詩篇一〇三篇15節、1522節より

詩篇

103:1

わがたましいよ、主をほめよ。わがうちなるすべてのものよ、その聖なるみ名をほめよ。

103:2

わがたましいよ、主をほめよ。そのすべてのめぐみを心にとめよ。

103:3

主はあなたのすべての不義をゆるし、あなたのすべての病をいやし、

103:4

あなたのいのちを墓からあがないいだし、いつくしみと、あわれみとをあなたにこうむらせ、

103:5

あなたの生きながらえるかぎり、良き物をもってあなたを飽き足らせられる。こうしてあなたは若返って、わしのように新たになる。


詩篇

103:15

人は、そのよわいは草のごとく、その栄えは野の花にひとしい。

103:16

風がその上を過ぎると、うせて跡なく、その場所にきいても、もはやそれを知らない。

103:17

しかし主のいつくしみは、とこしえからとこしえまで、主を恐れる者の上にあり、その義は子らの子に及び、

103:18

その契約を守り、その命令を心にとめて行う者にまで及ぶ。

103:19

主はその玉座を天に堅くすえられ、そのまつりごとはすべての物を統べ治める。

103:20

主の使たちよ、そのみ言葉の声を聞いて、これを行う勇士たちよ、主をほめまつれ。

103:21

そのすべての万軍よ、そのみこころを行うしもべたちよ、主をほめよ。

103:22

主が造られたすべての物よ、そのまつりごとの下にあるすべての所で、主をほめよ。わがたましいよ、主をほめよ。