『復活の喜び』マルコ16章1~8節

 私たちがよく知っていますクリスマスは夜の出来事ですが、イースターと言えば朝の出来事です。人類は数えきれないほどの朝を経験して来ましたが、その中で、人類の歴史にとって最も重大な意義深い朝は、私たちの救い主イエスが蘇られた朝ではないでしょうか。なぜなら死者が蘇るという人類始まって以来の出来事が起きたからです。

 私たちは、その歴史的な出来事のあった、イエス・キリストの復活を記念する日曜日の朝を迎え、その喜びをかみしめつつ、主のみ前に礼拝を捧げられることは大きな恵みです。

 

第一 婦人たちの信仰

 イエスさまは金曜日に十字架につけられました。ところが、その日の日没から土曜安息日が始まるため、夕方近く十字架からおろされ、あたふたとお墓に納められたのです。女たちは、安息日のため外出ができず、十分な葬りができなかったイエスさまのことが気になっていました。「さて、安息日が終わったので、」(1)とありますが、待ちきれなかったマグダラのマリヤたちは、安息日の終わった土曜日の夕方のわずかな時間に香料を買いに行き、日曜日朝早くイエスさまのお墓に出かけたのです。これらのことからこの婦人たちがどれほどイエスさまを慕っていたかがわかります。

 その時、婦人たちに心配がありました。それは、お墓の入り口は大きな石でふさがれており、その上、封印までしてあったからです。このように、婦人とイエスさまの間には非常に大きな石があり、石がのけられなければ、そこからはイエスさまに近づけなかったのです。しかし、彼女たちは挫けず、とらわれず、あきらめないで、とにかくお墓に行ったのです。すると「石はすでにころがしてあった」という神の栄光のみわざを拝することができたのです。

 私たちは、何かをしようと思うが、あの石があるからできませんということが多いのです。しかし、神は生きておられるのですから、心配することはないのです。私たちはその石を取り除けることのできる、生きておられる全能の神の支配の世界の中にあるということです。私たちは人間の限界の中で物事を考えようとするのです。しかし、その人間の限界を超えて働かれる神さまが支配している世界に生かされていることを忘れてはならないのです。この婦人たちがしたように、自分の可能性にとどまらないで、神に絶対的に信頼していくことが大切です。そこで初めて生きておられる神を経験できるのです。私たちは生きておられる神に絶対的に信頼して歩む者となりましょう。

 

第二 イエスは復活された

 婦人たちがお墓に来ますと、石はころがしてありました。5節、6節をお読みします。「墓の中にはいると、右手に真白な長い衣を着た若者が座っているのを見て、非常に驚いた。するとこの若者は言った、『驚くことはない。あなたがたは十字架につけられたナザレ人イエスを捜しているのであろうが、イエスはよみがえって、ここにはおられない。ごらんなさい。ここがお納めした場所である』」。「非常に驚いた」「驚くことはない」と2度出ています。この時、御使いは、「イエスがよみがえって、ここにはおられない」「ガリラヤでお会いできるであろう」と重要な二つの知らせを婦人たちに伝えたのです。ところが8節には「女たちはおののき恐れながら、墓から出て逃げ去った。そして、人には何も言わなかった。恐ろしかったからである」と記されています。この婦人たちにとって、この朝の体験はすべてが全く予期しなかったことでした。入り口の石が取り除かれていたことは喜べたのですが、お墓がからであり、かわりに御使いがそこにいたとなると、もう婦人たちの限界を超えていました。それにもまして御使いの語ったことばを彼女たちはどう受け止めたらよいか分からず、いいようのない不安に襲われ、うろたえたのです。そのため3人はすっかりおびえて逃げ帰り、そのことを「人には何も言わなかった」(8)のです。人間はとてつもなく大きなショックを受けるとしばらく口もきけなくなるものです。婦人たちは、しばらくたってからこのことを弟子たちに報告したが、彼らの誰もが愚かな話のように思えて信じなかったのです(ルカ24:9~11)。

 しかし、私たちはイエスさまが復活されたことについて恐れを持っていないのではないかと思うのです。婦人たちは、復活のことを聞いて、心臓が止まるほどの驚きを経験したのです。そういう驚きが、私たちの信仰生活の中で忘れられているのではないかと思うのです。イエスさまの復活が、私たちの生活の中に実際にととまっているなら。つまり、私たちの生活の中で心臓が止まるような事柄として止まっているなら生活が変わってくると思うのです。つまり、イエスさまは生きておられる、私たちにとっては大きな石があって妨害していてどうにもならないと思えても、イエスさまの御手の中にあるとの確信に立てるのです。ですから、今まで恐れていたことが恐ろしくなくなってきます。しかし、教理だけ信じていたり、頭だけで理解していたりすると、人間の限界が信仰の限界となります。イエスさまの復活を、自動車が道路を走っているのと同じような事としてしか感じられないのでいるなら、この世の人と同じような生活をしていることになるのであって、復活の主となんの関わりもないことになるのです。

 

第三 復活の恵み

 婦人たちが墓の中に入って行くと、御使いが婦人たちに告げます。それが6節です。「するとこの若者は言った、『驚くことはない。あなたがたは十字架につけられたナザレ人イエスを捜しているのであろうが、イエスはよみがえって、ここにはおられない。ごらんなさい。ここがお納めした場所である』」。イエスさまは40日後に天に帰って行かれますが、その間、13回、弟子や婦人や時には500人以上の人にご自身を現されました。イエスさまはよみがえられたのです。

 ヨハネによる福音書20章にイエスさまが復活されたこの日の夕方にエルサレムにいた弟子にご自身を現されたことが記されています。その時、「安かれ」とお声をかけられ、手とわきとを、弟子たちに見せられたのです。それは十字架上で死なれた同じ体の痕跡を残しつつも、新しい体で彼らの中に立っておられたのです。こうして弟子たちは十字架上で死なれ、葬られた同じイエスさまがよみがえられたことをお示しになり、弟子たたちはその主を見て喜んだのです。つまり十字架の主は復活の主であることを弟子たちは信じたのです。このイエスさまを信じることによって、罪の赦しと永遠のいのちが与えられるのです。そして、キリストにある新しい人生が始まるのです。それはちょうど、電燈が夜明けと共に意味をもたなくなったように、人間中心の世界ではなく、神が中心の全く別の世界が始まるのです。

 御使いは婦人たちにこう告げます。「イエスはあなたがたより先にガリラヤへ行かれる。かねて、あなたがたに言われたとおり、そこでお会いできるであろう」(7b)。「そこでお会いできる」と告げたのです。これは神との交わりの生涯に入れられたということです。クリスチャンはイエス・キリストの十字架の赦しによって神さまと交わる道が開けたのです。神さまとの間に直通のパイプを持っています。ですから本当の祈りができるのです。ただ、多くのクリスチャンがそのパイプを十分に使っていません。人生で何がもったいないかというと、祈りの深みを知らないことほどもったないことはありません。祈りによる素晴らしい人生の変革を体験することができるはずだからです。それにもかかわらず、その力を眠らせているのですから。

 もし、神さまが私たちに要求しておられることが、この世界で有名になったり、山ほど財産を蓄えることによって主の栄光を現すということでしたら、私たちはがっかりします。特別な人にはできるでしょうが、多くに人には難しいことです。なぜなら私たちにはその才能がないからです。しかし、祈りの人には、才能も性別も学歴も関係ありません。キリストを信じているなら神との交わりを深みに私たちを導き、私たちを生かしてくださるからです。

 最後に、伝道することです。7節です。「今から弟子たちとペテロとの所へ行って、こう伝えなさい」。御使いは婦人たちにイエスさまが復活されたことを弟子たちに伝えるように命じました。私たちも救われたのは救わんがためです。イギリスのエリザベス女王付の牧師であったジョン・ストットは「黙っているのは罪である」と言っています。

 私の母教会であったことです。救われた若い姉妹がご両親の救いのため、100キロ離れた実家に休みの度に帰りお世話をし、福音を伝えました。そして、やがて救われたのです。本当に神さまがいつ働かれるのか分かりません。娘の祈りと愛によって、古い因習に生きていたご両親が救われたのです。ご両親の人生が変わったのです。このような救いをもたらした、イエスさまの福音の力はすごいのです。私たちの人生を変え、人の人生まで変えたのです。私たちも祈り、聖霊に満たされ伝道に励みましょう。

 この朝、もう一度、新たに復活の主にお会いし、主を仰ぎ、その恵みに生かされ、イエスさまの福音を人に伝えて行きましょう。