『すべての人のために』ルカ23章32~43節

 今日は棕櫚の主日、イエスさまが子ろばに乗ってエルサレムに入城された日です。今週は受難週で、金曜日にイエス・キリストが十字架におかかりになった受難日です。

 今朝の箇所は、十字架につけられたイエスさまが描かれている最初の部分です。十字架というのはもともと中近東の古代国家で人を処刑にするために使われたものです。十字架の出来事はキリスト教の中心的なメッセージですが、イエスさまのご生涯における中心的な大きな出来事でもありました。ほんとうは「十字架と復活」とを合わせて語るべきでしょうが、この朝十字架を、そして来週の主日には復活を語らせていただきます。

 きょうの聖書の箇所からは、イエス・キリストは、すべての人々の救いのために十字架で死なれたということをメッセージとして語るように導かれています。


第一 身代わりの死

 イエスさまは十字架上でいのちを捨てられました。33節に「されこうべと呼ばれている所に着くと、人々はイエスを十字架につけた」とあります。「されこうべ」は、エルサレムという町の郊外にあって地名になっていたようですが、頭蓋骨の意味で、ユダヤのことばでは、ゴルゴダ、ラテン語ではカルバリです。そこでいろいろな犯罪人が処刑されました。その気味の悪いイメージがあり、人々が嫌悪を感じていたその場所でイエスさまは十字架につけられ、いのちを捨てられたのです。

 つまり、そこでイエスさまが十字架につけられたということは、重罪人として処刑されたということです。ところが、総督ピラトがイエスさまを裁いたときに、「彼には罪がない」と三度もユダヤ人に言ったのです。ピラトの妻も「あの義人に関係しないでください」と懇談したのです。また、イエスさまを裏切ってイエスさまを憎んでいた祭司長や長老たちに売り渡したイスカリオテのユダは、「わたしは罪のない人の血を売るようなことをして、罪を犯した」と言って、自責の念にかられ首を吊って死んだのです。後のことになりますが、イエスさまの十字架刑の一部始終を見ていた百卒長は「まことに、この人は神の子であった。ほんとうに、この人は正しい人であった」と叫んだのです。現在の裁判であれば無罪だったと思います。

 ピラトが「彼には罪がない」と3度もユダヤ人に言っているにもかかわらず、ユダヤ人たちはピラトの発言を受け入れずに、ピラトを脅迫して、「イエスを処刑にしろ、十字架刑につけろ」とわめきました。そのために罪のないお方であったにもかかわらず、イエスさまは重罪人として処刑されたのです。

 十字架刑は、ローマが近隣の国から取り入れた刑です。その当時、ユダヤ人は処刑を執行することができず、死刑にするにはローマの許可が必要でした。そこで、ユダヤ人たちはピラトを脅迫しました。ですから処刑にしたのはローマですが、押しつけたのはユダヤ人です。

 しかし、もっと深い意味では、神によって計画され、処刑されたと言うことができます。だれがイエスさまを十字架につけたのかといえば、神がそうなさったのです。コリント人への手紙5章21節に「神は私たちの罪のために、罪を知らない方を罪とされた。それは、私たちが、彼にあって神の義となるためである」とあります。 それでイエスは十字架上で「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」「わが神、わが神、どうしてわたしを、お見捨てになったのですか」と叫ばれたのです。イエスさまは罪のないお方であるのに、私たちの罪を全部ご自分の身に負って十字架上で身代わりの死を遂げてくださったのです。一番大切な命を捨てて救いの道を開いてくださったのです。

 Ⅰヨハネ3章16節に「主は、私たちのためにいのちを捨てて下さった。それによって、私たちは愛ということを知った」とあります。私たちは神の前に自己中心で、汚れた人間でした。しかし、その私たちの罪のために、イエス・キリストが十字架にかかられたと知った時、神の愛が分かり、私たちの生き方、生活が変わったのです。神さまの愛は十字架を知ってはじめて分かるのです。


第二 自発的な死

 イエスさまが十字架上でいのちを捨てらえたということには、もう一つの意味があります。それはイエスさまが自発的にご自分のいのちを捨てられたということです。パリサイ人や律法学者たちに迫害されていたとき、イエスさまは「わたしはよい羊飼である。よい羊飼は、羊のために命を捨てる」(ヨハネ10:11)とおっしゃいました。それに続いて、「誰かが、私からそれを取り去るのではない。が、自分からそれを捨てるのである。には、それを捨てる力があり、またそれを受ける力もある。これはの父から授かった定めである」(18)とおっしゃったのです。イエスさまは「は、から自分のいのちを捨てるのだ」とおっしゃったのです。すなわち、自発的な死です。

 きょうの聖書の箇所では、「自分を救うがよい」という言葉が3回出てきます。35節、「…自分自身を救うがよい」。37節、「…自分を救いなさい」。39節、「…自分を救い」。しかし、ルカは「彼は他人を救った。しかし、自分を捨てた」と言うのです。それは自発的な死であり、父からゆだねられた死でした。

 自分の生活にある苦しみを十字架だと言う人がありますが、私は単なる苦しみが十字架ではないと思います。十字架はある意味で苦しみよりも辱めの方が大きいのではないかと思います。その辱めとは何かというと、ふさわしい扱いでないということです。イエスさまは神の子であり、全く罪なきお方でありました。そのお方が犯罪人と一緒に十字架につけられるということにまさる不相応な扱いはないのです。私たちも、ふさわしくない扱いに矛盾を感じ、怒りを覚え、クリスチャンでなければ忍耐しなくて済むのにと思うことがあります。しかし、そのような時、イエスさまの十字架ほど私たちを慰めるものはありません。イエスさまは本当は自分を十字架から救うことができたのですが、人々はイエスさまが自分を救うことができるとは思っていませんでした―それで、人々は「自分を救うがよい」と辱めたのです。「イエスさまは、十字架から逃げることも、あるいは自分のために妥協することもできたのです。イエスさまは、十字架は人々の救いのためであるということをご承知で、人々の誘いの言葉には決して乗らないで、自分を救うことをされないでいのちを捨てられたのです。それゆえに、十字架による救いが成就したのです。

ダットロー牧師

イエスさまは十字架上で最後に「すべては終わった」(ヨハネ19:30)と叫ばれたのです。イエスさまの十字架の死によって、どんな人も救われるという世界が始まったのです。


第三 罪人の救い

 イエスさまの十字架の死によって、どんな人も救われる世界が始まりました。34節にある「彼らをおしください」の「彼ら」には、すべてが含まれています。実際には、赦されたことがわかったのは、十字架の両側にいた犯罪人の一人です。しかし、十字架を担ったシモンも後で救われました。ほかに救われた人はいたでしょう。しかし、この場で救われたのは、二人の犯罪人のうちの一人でした。マタイによる福音書によりますと「強盗ども」と書いてあり、「同じようにイエスをののしった」(27:44)とありますから、はじめは二人とも罵っていたのでしょう。

 ところが、どの時点からか分かりませんが、二人のうちの一人の心が変わりはじめたのです。中央の十字架につけられているお方は違うということに気づきはじめたのです。イエスは有名でしたから名前くらいは聞いていたと思います。そのお方が残酷な死を遂げようとしておられるのですが、そのお姿、おことばに触れ、この犯罪人は、仲間の罵りに対して、「お互いは自分のやった事のむくいを受けているのだから、こうなったのは当然だ。しかし、このかたは何も悪いことをしたのではない」(41)と言いました。40節には「もうひとりは、それをたしなめて言った、『お前は同じ刑を受けていながら、神を恐れないのか』」とあります。人間は「神を畏れない」と、どのような大きな犯罪であっても、犯罪であるという自覚をもたないということです。十字架刑に処せられるような犯罪であっても、罪の自覚を持たないということです。こんな小さいことだ、何でもないことだ、みんなやっている、自分は悪くないと言う人たちがたくさんいます。神を恐れないからです。

 しかし、この犯罪人はイエスさまのそばにいて、自分が送ってきた人生を反省し、神を恐れない人間として生きてきたと気づきはじめました。そして、イエスさまに「イエスよ、あなたが御国の権威をもっておいでになる時には、わたしを思い出してください」(42)と精一杯のお願いをしたのです。この犯罪人をイエスさまはお救いになりました。罪が大きい小さいという問題ではありません。私たちが神を敬う気持ちをもったときに、自分のうちに解決しないといけない罪があると気づき始めるのです。そのありのままの自分を神の前に持ち出すとき、イエスさまはこの犯罪人をお救いになったようにあなたをお救いくださるのです。これが福音です。

 するとイエスさまは、「よく言っておくが、あなたは今日、わたしと一緒にパラダイスにいるであろう」(43)と約束されました。これはイエスさまが一緒に天国に連れて行ってくださるという意味ではありません。もちろん永遠の救いに与ったのですが―この時、イエスさまは午後3時に息を引き取られました。しかし、この犯罪人はいつ息を引き取ったのかわりません。2日も3日も十字架刑に処せられた人が生きていることもあったのです。ですから、「今日」というのは、「今日パラダイスにいる」とイエスさまがおっしゃった時です。

 私たちの人生は、十字架を負うことがあり、苦しむことがたくさんあります。しかし、イエスさまは救われた者に対して、「神の国は、実はあなたがたのただ中にある」(ルカ17:21)といわれました。ですからいろいろな悩みの中に置かれていても、そこでパラダイスの空気を吸う者とされているのです。私たちがいろいろな悩みや苦しみの中に置かれていても、そこがパラダイスであり、イエスさまによって救われていない人には信じ難いことですが、喜び、平安が与えられるのです。

 哲学や思想やこの世の宗教で人は変わりません。しかし、ただ十字架の経験だけが私たちの生き方を変えます。十字架の救いの経験が人生の土台となるとき、人生に起こるいろいろな出来事が意味を持つようになります。ということは人が十字架の救いの経験を土台として生きることを神は望んでおられるのです。私たちはイエスさまを信じ生き方を変えられた者として、神の愛とみこころに応答して生きる者となりましょう。まだ救われていない人はイエス・キリストの十字架を信じ、新しい生き方を始めましょう。