『取税人マタイの召命』マタイ9章9~13節

マタイは職業柄、ユダヤ人に嫌われ、パリサイ人や律法学者からは非常に軽蔑されていました。そのマタイにイエスは呼びかけるのです。マタイは突然の呼びかけにもかかわらず、非常にはっきりと応答して従いました。その結果、彼は祝福された生涯を送ったのです。

 

1 罪人を招くイエス

取税人マタイはローマの役人の下にあって、権力をかさに着てユダヤ人から税金を取り立てていました。また徴税は一種の請け負い仕事で、私腹を肥やしていました。ですから、ユダヤ人にとっては破廉恥な売国奴であり、冷酷な守銭奴に映りました。そのマタイに対してイエスはお声をかけられたのです。「取税所に座っているのを見て」とあります。それは目を留められ、「この人が求めているものを与えて満たしてあげよう」という意味で召されたのです。イエスは人の心の深いところにある求めに答え、解決を与えてくださるのです。


2 決断は人生を変える

イエスはマタイに「私に従ってきなさい」と言われたのです。「すると彼は立ち上がって、イエスに従った」のです。彼はイエスに従うことが、自分の人生の一切の祝福の道であると、わかったのです。私たちが救われるプロセスはさまざまです。しかし、イエスは救い主であり、造り主であり、私たちの人生を全く新しくして下さるお方であると信じて、従うことを決断するのです。

マタイは自分がどのように一切を捨てたかを語りませんでした。証しとは、イエスが自分にどのようなことをしてくださったかを語ることなのです。


3 救いの祝福は他に及ぶ

マタイは救いの喜び、嬉しさを抑えられないで、イエスを招いて宴会を開きました。私たちは日毎にこの喜びを味わっています。

ヨハネ2章に、イエスが水をぶどう酒に変えられたことが出ています。料理がしらは、あとになって良いぶどう酒が出て不思議に思います。イエスの救い(福音)によって私たちの人生はあとになるほど楽しさ、幸い、喜びが増していくのです。

イエスはマタイに招かれた宴会で福音を語られたでしょう。私たちが救われるとこの福音は周りの人に伝えられ祝福をもたらすのです。