『イエス・キリストの教会』マタイ16章13~20節

新約聖書の中で一番早く「教会」と言う言葉が出てくるのは18節です。この教会と言う言葉は「エクレーシヤ」と言い、「召し出された者の集まり」という意味です。それは、決して「教える会、またはおそわる会」ではないのです。そうではなく、いつも神がその中心においでになり、その恵みに支えられて生きている人々が、その周囲に集まっている集団、民ということです。

1 信仰告白 

イエスは弟子たちに、「世の人々はわたしをだれと言っているか」とお尋ねになりました。彼らはヨハネをはじめ世の人か噂していることをつたえました。

すると、イエスは弟子たちに「あなたはわたしをだれろと思うか」と尋ねられました。ペテロはみんなを代表して「あなたこそ、生ける神の子キリストです」と信仰告白したのです。イエスはそれを喜ばれ、そのような信仰告白をさせたのは「天の父である」と言われました。

口で告白、宣言するとこは、最高の権威ある行為、全存在をかけた行為なのです。私たちもイエスに尋ねられたら、明確に「あなたこそ、生ける神の子キリストです」と告白し、イエスに全人生を捧げて生きる者となりましょう。


2 キリストの教会

イエスはペテロの信仰告白に対して、「あなたはペテロである。わたしはこの岩に上にわたしの教会を建てよう。」と言われました。「ペテロ」は「小岩、小石」の意味です。「岩」は「ぺトラ」、で「大岩」のことです。

ですから、教会というのは、小岩、小石が集まって大岩になったものです。つまり「あなたこそ、生ける神の子キリストです」という信仰告白をする人たちが召し集められたものです。

ですから、この教会の土台は、兄弟姉妹ひとりびとりが「イエス様は、私の救い主です」と命をかけて告白する、その信仰告白にこそあるのです。

イエスは「わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てよう」と言われました。ですから、教会はだれのものでもなく、神の国で、「神の恵みの支配」しているところです。