最近の更新



下の検索ウインドウに調べたい言葉を入れると、その言葉に対応する箇所が検索できます。

Loading


2018年 教会標語


聖句

「主のいつくしみは絶えることがなく、そのあわれみは尽きることがない。これは朝ごとに新しく、あなたの真実は大きい」。

哀歌 第三章・22〜23節

「それは、あなたがたが責められるところのない純真な者となり、曲った邪悪な時代のただ中にあって、傷のない神の子となるためである。あなたがたは、いのちの言葉を堅く持って、彼らの間で星のようにこの世に輝いている」。

ピリピ人への手紙 第二章・15節


金井牧師夫妻
金井牧師夫妻

牧師 金井信生


〒963-0201

郡山市大槻町字下篠林23-5
TEL 024-961-1567

FAX 024-961-1572


集会案内

主日礼拝

 日曜・午前10時30分から

教会学校

 日曜・午前9時30分から

主日夕拝

 随時日曜・午後7時30分から

各会例会

 第三日曜・午後1時から

第一聖書研究祈祷会

 水曜・午後7時30分から

第二聖書研究祈祷会

 木曜・午前10時から

早天祈祷会

 (火〜土)午前6時30分から


今週の説教より

2018年1月21日
大事なのは神様のみ!

主日礼拝説教 

佐川直実牧師(棚倉教会牧師)

2018年1月14日・新年聖会礼拝

恵みに生きる日々

鎌野善三牧師

聖書箇所 創世記17章1~8節

2018年1月13日・新年聖会

祝福の基となる 

鎌野善三牧師による説教

聖書箇所 創世記12章1~9節より


これまでの動画アーカイブはこちら




2018新年聖会 (火, 23 1月 2018)

2月13日(土)、14日(日)と今年は講師に鎌野善三 牧師(西舞鶴教会)をお迎えして新年聖会が開かれました。 聖会Ⅰでは創世記12:1~9より「祝福の基となる」と題して、①聖書を通して神の言葉を聞き従う②周囲に広がる祝福の源となる③祭壇を築く(築き直す)の3つのポイントから、アブラハムを信仰者の父としてならうべき生き方を示されました。 聖会Ⅱ(礼拝)は創世記17:1~8より「恵みに生きる日々」と題して、①沈黙と思われるときにも神様の声を聞き続けること②神様の御顔に向かって歩み続けること③「わたしがする」と約束される主の恵みに委ね切ることの3つのポイントから、聖なる生涯に様変わりした人生のスタートを切るようにとのメッセージが取り次がれ、新年の歩みに備えさせていただきました。『あなたが「恩恵」(めぐみ)を保つ必要はない、「恩恵」があなたを保ってくださる』(B.F.バックストン「神と偕なる行歩」より) また、14日新年聖会Ⅱの後、多目的ホールにて講師の鎌野師を囲んでお交わりと愛餐の時が持たれました。この日の為の全てのご奉仕に感謝致します。
>> 続きを読む

2017年秋の特別集会 (月, 06 11月 2017)

10月21日(土)〜22日(日)の二日間、『ここに救いがある』のテーマのもとに、辻林和己 牧師(黒磯教会)を講師にお迎えして、今年も秋の特別集会が開かれました。 21日夜の部は、「私のもとに来なさい」と題してマタイ11章28〜30節から、病の中で聖書に出会い、み言葉を通して神様から平安を得られた恵みをご自身の証しを通して語られました。(出席者38名) また、翌22日の主日礼拝では「ここに愛がある」と題してヨハネ3章16節・第一ヨハネ4章9〜10節から、神様に愛され生かされる幸いが語られました。(出席者49名) 尚、21日の証し者は櫻井良子 姉、22日は丸岡征子 姉が奉仕されました。この日の為にチラシの作成と地域への配布、司会、奏楽、受付、案内、会場、駐車場、食事などそれぞれのご奉仕にも感謝します。続いて求道者の救いの為にお祈り下さい。 最後に尊い神様の器である辻林師を送り出して下さった黒磯教会におきましても、格別に神様の祝福がありますように!
>> 続きを読む

2017年新年聖会 (月, 16 1月 2017)

あけましておめでとうございます。 郡山キリスト共同教会では、今年始めに山田和幸師(笹谷教会)をお迎えして、1月14日(土)の午後7時半から新年聖会1、翌日1月15日(日)の主日礼拝に新年聖会2が開かれました。 聖会1では「主が共におられるから」(出エジプト33:12〜26)と題して、信じて告白するなら私たちの罪を全く赦される方であり、どんな時も共に歩んで下さる方であること。聖霊の内住に留まらず、聖霊に満たされることによる幸いについてわかりやすい言葉で語られました。また、聖会2ではその秘訣と実践について、「みことばを行う信仰」(ヤコブ1:19〜27)と題して、みことばは心に蒔かれる種であり聴くだけで実行しないのは自分を欺くことである。熱心な姿、外側だけでなく、みことばには私たちの魂を救う力があり、そこに喜びがあると初代教会そのままのメッセージを丁寧かつ力強く語られ一同おおいに励まされました。今年の当教会の標語は『前進する教会 成長する信仰』です。山田師からいただいたメッセージを胸に、また一年皆で祈り、奉仕し交わりながら主と共に歩んで行きます。 また、聖会後は婦人会のお食事による愛餐会が開かれ、和やかなひと時ももたれました。大寒波の中、二日間にわたり師を送り出して下さった笹谷教会に感謝します。これからも東北の諸教会の伝道が祝福されていきますよう、お祈り致します。
>> 続きを読む

2016年クリスマス祝会 (月, 16 1月 2017)

12月25日(日)、クリスマス礼拝に続いて、午後0時30分から2時30まで一階多目的ホールにてクリスマス祝会を開きました。今年も皆さんのご労により、一品持ち寄りのご馳走を美味しくいただき、その後、教会学校、青年会、壮年会、婦人会また有志による賛美や楽器演奏、降誕劇、朗読など楽しい交わりの時がもたれました。最後に教会学校生徒達の表彰式とプレゼントがあり、皆で主イエスのご降誕をお喜びする幸いなひと時となりました。 (出席者 大人55名、子ども5名)
>> 続きを読む