最近の更新




下の検索ウインドウに調べたい言葉を入れると、その言葉に対応する箇所が検索できます。

Loading

2016年教会標語


聖句

「神の川は水で満ちている」。

詩篇第六五篇・9節

「霊にまく者は、霊から永遠のいのちを刈り取るであろう」。

ガラテヤ人への手紙第六章・8節


金井牧師夫妻
金井牧師夫妻

牧師 金井信生


〒963-0201

郡山市大槻町字下篠林23-5
TEL 024-961-1567

FAX 024-961-1572


次週主日礼拝のご案内


2016/9/4 午前10時30分〜

(9月第1主日・年度第36主日)

主の弟子とは

説 教 金井信生 牧師

聖 書 マルコ3章13〜19節より

讃 美 新聖歌166

    新聖歌310

    新聖歌426

交読文 新聖歌51(マタイによる福音書第5章)


集会案内


主日礼拝

 日曜・午前10時30分から

教会学校

 日曜・午前9時30分から

主日夕拝

 随時日曜・午後7時30分から

各会例会

 第三日曜・午後1時から

第一聖書研究祈祷会

 水曜・午後7時30分から

第二聖書研究祈祷会

 木曜・午前10時から

早天祈祷会

 (火〜土)午前6時30分から


今週の説教より


『小舟の祝福』マルコ3章7〜12節より

『イエスは群衆が自分に押し迫るのを避けるために、小舟を用意しておけと、弟子たちに命じられた。』(マルコ3:9)

2016年8月28日・郡山キリスト共同教会、金井信生牧師による主日礼拝説教

続きを読む

『「なぜ」よりも「何のために」』マルコ2章・13節~28節より

「丈夫な人には医者はいらない。いるのは病人である。わたしがきたのは、義人を招くためではなく、罪人を招くためである」。

(マルコ2:17)

2016年8月21日・郡山キリスト共同教会、金井信生牧師による主日礼拝説教

続きを読む

『信仰による応答』マルコ2章1節〜12節より

『イエスは彼らの信仰を見て、中風の者に、「子よ、あなたの罪はゆるされた」と言われた。』

(マルコ2:5)

2016年8月14日・郡山キリスト共同教会、金井信生牧師による主日礼拝説教

続きを読む

『福音のはじめ』マルコ1章14節〜34節より

『ヨハネが捕えられた後、イエスはガリラヤに行き、神の福音を宣べ伝えて言われた、

「時は満ちた、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信ぜよ」。』

(マルコ1:14〜15)

2016年8月7日・郡山キリスト共同教会、金井信生牧師による主日礼拝説教

続きを読む

これまでの動画アーカイブはこちら


聖書研究祈祷会テキスト

創世記1章26~28節

2015/2/4(水)・5(木)聖研

26~28節「人間の創造」

 

 第六日後半、最後に創造されたのが人間です。

この創造に関しては、神様の言われた中に、いくつかの特徴ある言葉があります。


続きを読む



「敬老の日」礼拝 (月, 19 9月 2016)

9月18日(日)の礼拝の中で敬老者祝福式が行われました。 対象者は、大内モト子姉、小針治兄・ケイ子姉、須釜公次兄・美千代姉、相山国雄兄、橋本節子姉、藤井仙次兄・絹子姉、藤井京子姉、水澤弘吉兄・キエ子姉、横山正司兄・徹子姉です。 兄姉方の信仰の歩みと健康の上に、主の豊かな祝福をお祈りいたします。
>> 続きを読む

父の日愛餐会 (日, 18 9月 2016)

6月19日(日)の午後0時30分から一階多目的ホールにて、壮年の兄弟達へ日頃の感謝を込めて「父の日」愛餐会のときがもたれました。 婦人会からは三種類のぼた餅、青年会はフルーツゼリーを作ってくださりみんなで美味しくいただきました。また、各会から感謝の言葉や賛美もあり、それぞれこの日の為に準備と奉仕のご労に感謝致します。
>> 続きを読む

野外レクリエーション (水, 15 6月 2016)

5月22日(日)、新緑の季節、今年の野外レクリエーションは、礼拝後、午前11時15分に教会を出発して地域の逢瀬公園で行われました。 到着後、恒例の一品持ち寄りの昼食を皆で美味しくいただき、その後ゲームや各自スポーツ、自然散策など楽しいときを持ちましたが、好天に恵まれ、心も体もリフレッシュした一日でした。尚、今回担当は婦人会でしたが、これまでの準備や当日のご奉仕にも感謝です。(出席者:大人34名、子ども6名)
>> 続きを読む

母の日愛餐会 (水, 15 6月 2016)

5月8日(日)、「母の日」礼拝後、常日頃、お世話になっている教会のお母さん!婦人の方々に教会から鉢植えの花のプレゼントが贈られました。その後、午後0時30分から一階多目的ホールにて壮年会の手打ちうどんに、青年会のデザートをいただきながらの和やかな愛餐会がもたれました。
>> 続きを読む